NEWS

  • 2020.11.5

    監督の公募に向けて監督の方々からメッセージ動画が到着!

    藤井監督、上田監督、三島監督から監督の公募に向けてメッセージ動画が到着しました。
    引き続き、監督3名を募集しています。
    締め切りは11月19日(木) 23時59分です。皆さまのご応募をお待ちしております!
    メッセージ動画はこちら

  • 2020.11.5

    参加監督6名が決定!

    藤井監督、上田監督、三島監督に続き、新たに参加監督6名が決定しました。
    各監督よりコメントが到着しました。どうぞ、ご期待ください。

    志自岐希生
    志自岐希生
    【プロフィール】
    コロンビア大学院芸術科映画演出専攻。監督作品『EUREKA』はTop Shortsドラマ部門含む映画賞を受賞。プロデュース作品『Secret Lives of Asians at Night』にて全米監督協会審査員賞他多数受賞。2020年、監督作品『逆流』がショートショート国際映画祭、Tallinn Black Nights映画祭にて公式上映。

    【コメント】
    人々が命を失う中今作る必要性はあるのか。正直自分の中で答えは出ておりませんが、こんな時勢の時にこそ想像力は力を持つべきなのではないかとも思います。物語は私たちを旅させ、暗闇から引きずり出します。それが一瞬でも、その一瞬に救いがあると信じて、参加させて頂きました。
    林田浩川
    林田浩川
    【プロフィール】
    サンフランシスコ州立大学映画学部をフィクション専攻で卒業。現地でフリー映像監督として活動後、2020年に帰国。短篇『Take The Next Bus, Honey』は複数のインディーズ映画祭で入賞し、歴史あるRoxie Theaterで上映された。

    【コメント】
    日々が苦しい時間の中で止まってしまった様に感じる時こそ、自分の身の回りの小さくて個人的なものを相変わらず共有して、積み重なり生活となる瞬間瞬間を拾い直したいです。自分の作品によって、少しでも良い時間が流れますように。頂いた機会に心から感謝いたします。
    ふくだみゆき
    ふくだみゆき
    【プロフィール】
    1987年生まれ。群馬県出身。幼い頃から絵を描くことが好きで、大学時代にアニメ制作を開始。アニメーション監督作『こんぷれっくす×コンプレックス』(2015)は、様々な映画祭やコンクールで大好評を博して7つのグランプリを含む14冠を受賞。他に短編実写監督作『耳かきランデブー』(2017)などがある。

    【コメント】
    つい不安が募りがちな今、希望あるこの企画に監督として参加出来ることが、とても有り難くとても楽しみです。私個人としては産後初めての実写監督作となるので、4年ぶりの映画の感触をしっかりと味わいたいと思います。
    中元 雄
    中元 雄
    【プロフィール】
    1991年生まれ、広島県出身。ジャンル映画を愛する男。ジャッキー・チェンに憧れて中学生の頃から映画を撮り始める。一度サラリーマンになるが本格的に映画監督を志して24歳の時に上京。その後はカナザワ映画祭グランプリ、PFF観客賞を受賞。

    【コメント】
    西暦2020年…人類は新型ウイルスの脅威にさらされていた!
    そこに立ち上がった12人の命知らず!
    果たして彼らは、創造力で世界を救うことができるのか!?
    次回、最終回!「絶体絶命!?ナカモト爆破大作戦」ご期待下さい!
    山嵜晋平
    山嵜晋平
    【プロフィール】
    制作部として『十三人の刺客(三池崇史監督)』、『繕い裁つ人(三島有紀子監督)』等に、演出部として緒方明監督、瀬々敬久監督等の作品に参加。監督2作目の「テイクオーバーゾーン」が2019年東京国際映画祭スプラッシュ部門に選出された。

    【コメント】
    「映画」を無力に感じた。
    そんな中、僕自身が前を向けるこのような機会をいただいたことに感謝しております。
    だからこそ、誰かの為に「映画」を作りたいと思います。
    齋藤栄美
    齋藤栄美
    【プロフィール】
    瀬々敬久監督、 周防正行監督、 黒沢清監督、 三島有紀子監督を始め多くの監督の元で助監督を経験。監督作品「一夜二糸」がBrisbane International Film Festivalにて上映。長編映画企画「うぶごえ」がMPA/DHU/TIFFCOMピッチングコンテストにてプレジデント特別賞を受賞。

    【コメント】
    人と距離をとらなくてはいけない世界の中で、気がつくと私は、必死に人との繋がりを求めていた。苦しさ、悲しみ、怒り、優しさ、喜び。私は想いを誰かと「共有」したいから作品を創るのだと思う。今回頂いた機会に感謝し、想いを込めて作品を創ります。

  • 2020.10.19

    監督の募集を開始!

    監督3名を募集いたします。皆さまのご応募をお待ちしております。

  • 2020.10.19

    公式サイトをオープン

    『DIVOC-12』の公式サイトです。最新情報をお届けいたします。